毎日の暮らしの中、簡単にどなたにでも使えるエネルギー封入商品のオンラインショップ


                                                                          
                                  ユニバース製品について
 

                どなたにでも日々の生活の中でご活用いただける製品、それがユニバースエネルギー製品 です。 
                ユニバースエネルギーの伝授を受けていない方も、年齢に関係なく、そして言葉の壁を越え海外
                の方々にもご利用いただいております。 私達は地球環境の改善や、個人の幸せに役立つエネル
                ギー製品を開発していき、皆様にお届けしたいと思っております。
 
                                                           〜ユニバースエネルギー製品の開発の方向〜
  1.                仝朕佑稜困澆魏魴茲靴董健康で幸せな生活に役立つもの。
  2.                ⊆然と共存できるもの。「地球の水バンド」のように環境を良く出来るもの。
  3.                ※現在ユニバース製品を使い、無農薬野菜・お米などを作る‘農業モニター’が行われています。
  4.                ご参加いただいている方々にたくさんのご報告をいただいております。

               この二点が私達の製品開発の方向です。
 
 
             エネルギー製品は私達が時間をかけ、心を込めて作ったものです。
             なるべく消耗品を避け、一度購入したら末長く使っていだけるものになるよう心掛けています。
             また、私達は販売したエネルギー製品に遠隔で毎日エネルギーを送り続けていますので、古く
             なっても効果が落ちるどころか、パワーアップしていきます。

 
                                                      ●  ●  ●  ● ●  ●  ●  ●  
 
                                               農業モニターにご参加いただいた方々が作られた無農薬野菜
                                                                                       
              
  


 

                                                                  

                                                                ☆モニターの皆様が時間をかけ、手間ひまかけて作られた野菜をいただき 
                  ました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                                                 無農薬野菜やお米は美味しく、そして安心していただく事ができます。

                                                                 非常にみずみずしく、そしてスーパーで売られている野菜より新鮮さが長持ち                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    したのは驚きでした!                                     
          

ページトップへ